プロフィール

当ブログではサラリーマンとしての視点で内容を書いていますが、主婦の方はサラリーマンの箇所は「主婦」の方の気持ちに置き換えて呼んで頂けると幸いです。

masdaq

Author:masdaq

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらくお休みします。



こんばんは。サラリーマン投資家のMASDAQです。

更新が滞り、すみません。
公私共に忙しくなり、当面週一のブログ更新も難しい状況となりましたので、
しばらくブログをお休みします。

今週は日経平均は停滞気味ですが、ギリシャ問題などが落ち着けば
また上昇してくると思います。
何せ大企業のほとんどが増収増益がですので。

それよりも、今は中小株に注目しています。
何回もこれからは新興株だなどと言って来ましたが、
ようやくマザーズ市場も日の目を見る時がやってきました。

去年もそうでしたが、6月は新興株は強いと言われていますので、
マザーズETNをガチホールドで良いのではないでしょうか。

お休みの間は師匠の株道さんのブログをウォッチして参考にして頂ければ幸いです。
(ページ右側にリンクが有ります。)
他にも役に立ちそうなサイトのリンクを並べていますので、ご参考に。

今年も来そうなサマーラリーで皆さんの資金が潤うことをお祈りしています。

では。


最後まで読んで頂けた方は上のボタンを押下して頂けると幸いです。

スポンサーサイト

押し目買いのチャンス到来?



こんばんは。サラリーマン投資家のMASDAQです。

先週の日本ダービーですが、応援していたドゥラメンテは快勝したものの、
リアルスティールが4着で馬連は外れ。。
やはり、私は株でこそなのでしょう。。

さて、現在微熱気味なので、今日はアッサリです。
今回はテクニカルでは無くファンダメンタルでの分析です。

【日経平均】
私は現在、3者の意見を主に参考にしています。
それぞれの5月の予想はこうでした。

A氏)日経平均が2万円になった達成感で一旦上昇は終了。6月中旬まで調整が続く。
B氏)まだまだジリ高のトレンドは続く。押し目買いをしないと取り残されるぞ。
C氏)5月中までは大丈夫。Sell in May(暴落)は今年は起きません。

結果は、B氏とC氏が正解でした。
さて、ではその3者は直近をどう予想しているでしょう。

A氏)5月末の高値を超えることはなく、ジリ安の展開になる。
B氏)まだまだジリ高のトレンドは続く。押し目買いをしないと取り残されるぞ。
C氏)6月2週目は要注意。押し目買いのチャンス。7月に掛けて上昇は続く。

あまり、見解は変わっていませんが、注目はC氏が来週は波乱が予想されると言っていることです。
はい。毎月私が警戒を促しているSQ週です。
先月は大丈夫と言っていた人が警戒と言っている所がポイントです。

ただ、今後は上がると予想しているので絶好の押し目買い時期となりそうです。
そろそろ、日経レバETF買い増しチャンス到来です。
(買い時が遅れ、すみません。)
特に、注目は四季報や会社情報が発売される6月12日(金)でしょうか。



そして、先週話をしました投資主体別売買動向ですが、直近を確認しますと
海外投資家の買い越し、個人投資家の売り越しが継続しています。
となるとこのジリ高傾向もまだ続きそうな気がします。


【マザーズETN】
来週は大型株が硬直状態もしくは下げてくることが予想され、
資金が中小株に流れてくることが期待できます。

来週の主役はマザーズETNの方と期待します。
現在も所有している方は引き続き、ホールドをお勧めします。


先週は私以外にも体調を壊して、休んでいる人が職場に多かったです。
皆さんは体調に気を付けて。


最後まで読んで頂けた方は上のボタンを押下して頂けると幸いです。


個人投資家が買わないうちは上げるのさ!



こんにちは。サラリーマン投資家のMASDAQです。

日経平均の上昇が止まりません。
もっか11連勝中です。
金曜日夜の日経先物はNYダウと共に下げているため、月曜日は大きく下げてからのスタートとなりますが、
どうなるでしょうか?

現在31日の午後2時。
もう少しで競馬の日本ダービーが始まりますので、今日は軽めに。

【日経平均】
直近は過熱気味です。
RSIが80超えで、ストキャスも80を超えています。
25日平均線からも +6.4% くらい上に居ますので、少し冷却期間が必要なはずです。

結局1月中旬からジリ高で、25日平均線付近で買い増した人が成功する流れです。
そろそろ私も25日平均線辺りで参戦しないとと焦る展開です。。
恐らく、個人投資家の方も同じようなこと考えているのだと思います。

しかし、1月中旬から半年後の7月中旬。
信用買いの期限までには売りが確実に入ることが予想されるため、
近い内に暴落が発生することが考えられます。

恐らくジリ高で個人投資家を焦らせて、買わせたところで落とすパターンを狙っている気がしますので、
全力投球とはいきません。
せいぜい20%ぐらいの投資に留めておきたい所です。

直近大きく上げているので、落ちる時もかなり大きく落としてくるはずです。
そこにやはり資金を残しておきたいです。

ということで、25日平均線で20%買い増しが直近の作戦です。
個人投資家が買うのを待っているなら、個人投資家が買うまでは上げ続ける可能性があるので、
個別投資の欄に注目ですね。
※右ページのリンクの投資主体別売買動向を参照

個人投資家が買い増し始めた」これがキーワードで要注意ポイントだと思います。


【マザーズETN】
直近の壁だった10500を超えて年初来高値を更新してきました。
ただ、気がかりだったのが、騰落レシオは80付近と以前100を超えずに低い値なのです。
すなわち、少ない銘柄が思いっきり上げているだけで、全く利益が出ていない銘柄も
多く存在しているということです。

ただし、こちらは平均の指数を買っている訳で、そのままチャートを見ますと、綺麗なジリ高を形成。
25日平均線からの乖離も +3.92% と日経平均より低い値。
どちらかと言うと、こちらの方が買いやすい気はします。

直近はRSIが70ぐらいと少し高いので、50付近で買うのが良いかも知れませんね。


【ダービー予想】
今日はダービーですので、直前予想を。
◎ 14: ドゥラメンテ
○ 13: リアルスティール
▲ 11: サトノクラウン

この3頭の力が抜けています。
しかも、皐月賞と同じく、14-13で綺麗に決まる可能性が高いです。
馬券は馬連(1着と2着を当てる)で勝負します。
14-13 : 2000円
14-11 : 1000円
13-11 : 1000円

しかし、1番人気と2番人気が同じ7枠に入ってしまいました。
これらが同じ枠に入った場合は、綺麗にこの2頭で決まるか、どちらも2着までに来ないケースが多いです。

その場合は、3番人気の 11:サトノクラウンが軸になります。
11から10番人気まで流します。
7、1、17、2、6、15
それぞれ300円ずつ買って、1800円。

合計で5800円の勝負です。

個人的には断然ドゥラメンテですが、どうなりますでしょうか?
当たったら、ブログの内容を競馬予想に変更します。(笑)


最後まで読んで頂けた方は上のボタンを押下して頂けると幸いです。


とりあえず、27日(水)までは安全かな。。



こんばんは。サラリーマン投資家のMASDAQです。

先週は日経平均とマザーズ共に順調に推移すると予想していましたが、
予想以上に良い伸びを示しました。
マザーズETNもようやく年初来高値を更新しました。

どうやら今年は Buy In May だったようです。。

今週もチャートを振り返ってみましょう。

○日経平均
日経_20150522

【上書指標】
4月の高値から少し停滞しましたが、それを超えてボリンジャバンドの+2σを常に意識しています。
持合いから、ジリ高に変更と言う感じでしょうか。

【追加指標】
RSI:
 RSIは50~55ぐらい。年初来高値を更新した割には過熱感が無いのがポイントで、
 更なる上昇も期待できそうです。
 
MACD:
 先週の注目ポイントでしたが、月曜日に早々と上昇トレンドに転じました。
 MACDがSignalを上回ってきましたので、安心して買い増しができそうな流れは有ります。
 

以上のことより、年初来高値を更新したものの、過熱感が有ると言う感じも無く、
もう少しは順調に伸びそうな気がします。

ファンダメンタルな所では、
暴落は大体、木曜日の午後か金曜日が起点になるケースがほとんどです。
そういう意味では、21日(木)の午後一で値を大きく下げた時に冷っとしましたが、
すかさず日銀のETF買いが入ったようで、安定しましたね。

来週も27日(水)までは安全な気がします。
木曜日の午後は目を光らせておいた方が良いかも知れません。

MASDAQの作戦としては、75日平均線またはボリンジャーバンドの-2σ辺りまでは
買いを入れたくありませんので、やっぱり様子見です。

これまでのケースは5月に下げて、6月に上げるケースが多かったようですが、
今年は5月に上げてしまったので、6月に暴落があることを見越して、
そこに購入資金を温存する作戦です。


○マザーズETN

【上書指標】
4月の高値を更新してきました。
しかも大きな陽線を出しており、上昇へのエネルギーは高いと思います。
マザーズETN_20150522

【追加指標】
RSI:
 RSIは60~70と比較的高めです。
 
MACD:
 MACDがSignalを上回り、上昇トレンド開始です。
 

以上のことより、MACDが上昇トレンドになり、
日経平均と同様に上昇トレンドを継続中です。

ファンダメンタル的も、6月は新興株は上昇し易いようです。
日経平均が滞った資金が新興株に流れることを予想し、
マザーズ銘柄に目を向けておくのも良いと思います。

下値限定(10500付近)で、マザーズETNの買い増しも検討します。
(いつも言っていますが)、そろそろ新興株の出番と思います。



最後まで読んで頂けた方は上のボタンを押下して頂けると幸いです。


日経平均はMACDに注目!



こんにちは。サラリーマン投資家のMASDAQです。

先週は各社の決算発表が大詰めでした。
各社の明暗が大きく分かれる結果になっていますが、
当初の予想には決算の内容が達しているものの、
市場予想(コンセンサス)に達していないため大きく売られる銘柄が目につきました。

決算発表後、異常に売られているものは、いずれ値を戻すと予想されます。
株道さんのブログにも有りましたが、決算内容がそれほど悪くないにも関わらず
25日線乖離(かいり)率で下に大きく下回っている銘柄は狙っても良い気がします。

さて、こちらはETF、ETNでの売買がメインのブログです。
個別銘柄の売買では決算時期の思わぬ下方修正等で泣きを見るケースが有りますが、
ETF、ETN買いでは影響が少なく、決算時期にハラハラする心配が無いのが良い所です。

○日経平均

今回はクローズアップするため、3ケ月のチャートで見てみます。
日経_20150515


【上書指標】
25日平均線に上値を押さえられている状況ですが、下値は切り上げてます。
エネルギーを貯めながら、25日平均線を突破するかのタイミングを計っているかの状況です。

【追加指標】
RSI:
 RSIは45ぐらい。丁度真ん中と言う感じでどちらにも振れる可能性があります。
 
MACD:
 今週はここが一番のポイントです。
 MACDがSignalを下回り、下降トレンド中ですが、MACDがそろそろ上を向きそうです。
 MACDがSignalを上回ってくると、安心して買い増しができそうな感じです。
 

以上のことより、現在は25日平均線の突破待ちで、そのシグナルを担いそうなのが
MACDのゴールデンクロスになりそうです。

ファンダメンタルな所では、
懸念していた、ヘッジファンドの5月末決算に伴う45日ルールは通過したようです。
また、21・22日には日銀の金融政策決定会合が有りますので、
ここを材料に踏み上げてくることを期待します。


○マザーズETN

こちらは、1年間のチャートで見てみます。
マザーズETN_20150515


【上書指標】
こちらは25日平均線が下値を支えてくれています。
下値も順調に切り上げています。

【追加指標】
RSI:
 RSIは丁度真ん中ぐらいの50です。
 高値の90付近から、50近くまで下げ、過熱感を冷ましつつあります。
 
MACD:
 MACDがSignalを上回りそうで、上昇トレンド入りになりそうです。
 

以上のことより、MACDが上昇トレンドになりそうで、
日経平均よりも早めの上昇が期待できそうです。
チャート的にも25日平均線を下回らずにジリ高と日経平均よりも綺麗な形です。

私が期待しているのは去年起きた5月20日からの逆襲です。
約1か月半で一気に1.5倍ぐらい値を上げましたが、今年も期待しましょう!
(再来週からでしょうか。先回りして買いか!?)



最後まで読んで頂けた方は上のボタンを押下して頂けると幸いです。


≪前のページ≪   1ページ/26ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。